本文へ移動

STAFF BLOG

RSS(別ウィンドウで開きます) 

研修のご依頼をいただき伺ってきました

2021-07-28
カテゴリ:リハビリ部門紹介,看護部門紹介,会社案内,地域情報
感染対策室とリハビリ部門による、2部構成の研修を行わせて頂きました。
皆さんこんにちは、理学療法士の河部です。

先日、高齢者サポートセンター南行徳第一さまより研修依頼のお話を頂戴し伺ってきました。
新型コロナウイルスの影響で今回行われた家族会は約2年ぶりだったそうです。
貴重な場にお声がけいただき嬉しい限りです。

当日は6名ほどご参加いただき、2部構成で行いました。
(感染対策として換気や3密にならないよう実施いたしました)

第1部:感染対策室の保健師による講習
・正しい手洗いと手指消毒の仕方
・マスク装着時の熱中症リスク など

第2部:リハビリ部門による運動

参加くださった方はお話を聞きながらメモを取る姿や
運動では身体をしっかり動かしてくださいました。

終了後にお話を伺うと
コロナウイルスの関係で家にいることが多くなり今回来れて良かった
身体も動かさなくなったため運動が気持ちよかった
などのお言葉を頂戴しました。

当社では地域包括支援センター、介護事業所、地域の互助サークル等から研修開催のご依頼をいただくことがあります。
引き続き皆様のご要望に沿って対応していきたいと思います。
どうぞご気軽にお声かけください。


NHK総合テレビ出演情報

2021-07-12
カテゴリ:リハビリ部門紹介,会社案内,全て見る
当社スタッフの理学療法士が出演いたします!
この度、NHK総合テレビにて当社スタッフである理学療法士が出演する番組が放送されます。

果たして誰が出演するのか、是非ともご視聴ください!

--------------------------------------------------------
1)放送日時 :令和3年7月16日 22:00~22:30
2)番 組 名  :あの日、偶然そこにいて
3)チャンネル:NHK総合
4)当社出演者:総合リハビリ研究所 / 理学療法士

【詳細はNHK総合番組予告をご確認ください。】
--------------------------------------------------------




       





【ニュースレター】7月号(Vol.26)が発行されました

2021-07-01
カテゴリ:会社案内,全て見る
チェック
障害者グループホーム・食中毒予防についてのご案内です!
総合リハビリ研究所ニュースレター7月号(Vol.26)が発行されました。これまでのニュースレターは手渡しで皆様にお渡ししておりましたが、ご好評により今回分からWebでもニュースレターを発信させて頂きます。

今回は以下の内容となっております。
・7/1開設グループホームのご案内
いよいよ第1号棟として開設いたしました。
ご入居者様の住みやすい環境を第一に考えているグループホームです。

・食中毒予防に関して
この時期最も注意が必要な食中毒。
『菌をつけない・増やさない・やっつける』の6つのポイントをご紹介しています。


以下リンクよりダウンロードも可能となっております。
ぜひ、ご一読ください。
総合リハビリ研究所ニュースレター7月号(Vol.26)

【特設ページ開設】グループホーム事業のページを追加いたしました

2021-06-30
カテゴリ:会社案内,全て見る
注目NEW
入居者様にとって「安心・落ち着く空間」を目指して。
総合リハビリ研究所の新たな事業展開として
令和3年7月に【リボングループホーム下貝塚(男性棟 )】がオープンいたします。
新規事業開設に伴い、グループホームのページを追加いたしました。

ページ内では、具体的な事業のご説明だけではなく
「私たちの想い」
「サポート体制」
「ご入居の条件や流れ」
などもお伝えさせていただいております。


経験豊富な当社の看護師と作業療法士、
そしてグループ会社である就労移行支援事業所リボンが
グループホームを全面的にサポートいたします。
また、深夜帯にはライフサポーターが常駐する形となっております。

・退院しても帰る場所がない
・施設や病院から地域での暮らしに移行したい方 


など、私たちが自立や日常生活の支援、
そして入居者様の住みやすい環境を整えていきます。

詳細に関しては
グループホームの専用ページを是非ご覧ください。

【看護部門】順天堂大学医学部附属浦安病院よりお声がけいただきました

2021-06-16
カテゴリ:看護部門紹介,全て見る
PD研修を行いました
こんにちは。看護師の大塚です。

先日、順天堂浦安病院入退院支援室より
「腹膜透析の患者さんの対応を始めることになり、
今後退院後の患者さんをお願いしたい」
とお声がけをいただきました。

腹膜透析は「PD」(Peritoneal Dialysis) とも呼ばれ、
お腹に入れたカテーテルから腹腔内に透析液を一定時間入れ
生活リズムや就寝時間に合わせ、通院することなく自宅等で行う透析の一つです。

PD受け入れ準備として順天堂浦安病院より
Baxter社さんをご紹介いただき、看護部門の研修を行いました。

浦安看護部門は看護師が21名在籍していますので、
密を避けグループを3つに分け3回開催しました。

訪問看護の場面ではPDの方の対応をする機会は少なく、
私は20数年訪問看護に従事していますがPDの方は2名しか経験がありません。

PD未経験のスタッフも多く、
今回の研修は最新情報と最新の機器について知る良い機会となりました。





TOPへ戻る