本文へ移動

STAFF BLOG

RSS(別ウィンドウで開きます) 

当社スタッフのインタビュー記事が公開されました。

2021-09-03
カテゴリ:会社案内,全て見る
サービスの運用内容が評価され、インタビューを受けました。
総合リハビリ研究所では、スタッフ間の情報共有ツールとして
MedicalCareStation(以下、MCS)を活用しています。

当社では看護、リハビリ、マッサージ、居宅と多数の部門があるため、一人の利用者様に総合リハビリの各部門のサービスが入っている際、社内での情報共有は欠かせません。

しかし、訪問に出ていると中々スタッフ同士顔を合わせるのが難しく、ちょっとした共有もおろそかになってしまいます。

そういった問題を解消するため、当社で運用し始めたツールが
医療介護専用のコミュニケーションツールであるMCSです。

他者が見る事ができないようセキュリティもしっかり整っているため安全です。
また、各利用者様や事務所ごと、各部門で様々なスレッド作成ができるため、時間がなかなかとれないスタッフもしっかり動きを把握することができます。

体調の報告や、外部の方からの連絡報告など様々な場面でも利用しており、総合リハビリ研究所では今では欠かせないツールとなっています。

今回は当社の運用状況に興味を持っていただいた運営会社の「エンブレース株式会社」様より、「社内でMCSを普及させる方法」等についてご質問を頂き、インタビューに対応させていただきました。
インタビュー内容は是非こちらからご覧ください。

コロナ禍でもコミュニケーションを疎かにせず、
スタッフ一同団結して参りますので今後ともどうぞよろしくおねがいします。


スタッフの論文が雑誌に掲載されました

2021-08-27
カテゴリ:リハビリ部門紹介,会社案内,全て見る
理学療法科学36巻4号に掲載中です
当社スタッフである理学療法士の三浦さん(旧姓:丸山さん)が
大学院時代に修士論文として作成したものが、
今回、理学療法科学学会に評価され、雑誌掲載されました。

---詳細---
■掲載された雑誌
理学療法科学36巻4号

■掲載の背景
▷大学院時代に修士論文として、表題の論文を作成
▷就職後の経験を元に、修士論文に追記修正を重ねる
▷追記修正した内容を「一般社団法人理学療法科学学会」に投稿
▷論文が評価・採用され、36巻4号に掲載

■掲載された論文
生活期脳卒中片麻痺者における
電動アシスト付短下肢装具使用による歩行練習の効果検証
----------

下記よりダウンロードが可能です。
是非、ご覧ください。

【デイサービス】紹介動画を公開しました

2021-08-24
カテゴリ:会社案内,全て見る,デイサービス
デイサービスの様子をご紹介します
千葉県浦安市から訪問看護で地域に根付き、
2019年に自立支援特化型デイサービスを開設しました。

おかげさまで利用者様も着実に増え、
「今日はホッとする」などの嬉しいお声も頂戴しました。
皆さん楽しみにされながらお過ごしいただいています。

利用者様同士が雑談しながら、笑顔が溢れている総合リハビリデイサービス。
この度、デイサービスの様子を動画にて公開いたしました。
ぜひご覧ください。

紹介動画はこちらから


私たちは引き続き、利用者様へリハビリや社会参加、
医療的指導を行い、自立した生活が送れるよう支援してまいります。

【相談支援事業所】事業所名変更し再始動いたします

2021-08-16
カテゴリ:会社案内,全て見る
拠点が市川市へと移転しました
令和3年8月より、利用者様と面談しやすい環境を考え
相談支援事業所が事業所名を変更し、
グループ会社である就労移行支援事業所を拠点に再始動することとなりました。

【旧】
事業所名:リボン相談支援センター浦安
住  所:千葉県浦安市北栄3-9-13-2F
電話番号:047-711-3151
FAX番号:047-711-3158

【新】
事業所名:リボン相談支援センター市川
住  所:千葉県市川市八幡2-16-15-501

電話番号:047-711-3151(変更なし)
FAX番号:047-335-6513



面談場所が落ち着く空間を意識し、事務所内も模様替えを行いました。
スペースも広くなり、これを機にさらに業務の充実・地域福祉に貢献し、より一層の努力を重ねてまいります。



お問い合わせやご相談など下記アドレスまでお気軽にご連絡ください。
アドレス:soudan@reborn1.jp

【マッサージ部門】勉強会を行いました

2021-08-05
カテゴリ:リハビリ部門紹介,鍼灸マッサージ部門紹介,全て見る
【勉強したいマッサージ師必見】理学療法士の視点でのアドバイス
皆さんこんにちは。

先日、理学療法士によるマッサージ部門の勉強会を行いました。
感染症対策として、密を避けるため「浦安本部」「船橋サテライト」の二ヶ所に分ける形で実施いたしました。

日々訪問させていただいている利用者様の動画を見ながら
理学療法士の視点で評価する内容です。


浦安本部でのケースは
・パーキンソン病
・右大腿骨頸部骨折


実際の現場で行うことができるような
的確なアドバイス等を貰い、とても貴重な時間となりました。


社内で様々な部門があるからこそできる今回の勉強会。
多職種連携は他の会社ではなかなかできる事ではないと思うので、
総合リハビリの強みだと考えています。


今年入社したスタッフに今回の勉強会の感想を伺いました。

----------------------------
【今年入社したマッサージのAさん】
入社したての頃にはたくさん技術研修を受けてきましたが、
理学療法士の先生の評価をみる機会は初めてでした。
今回勉強会に参加させていただいて、
評価が正しくできての施術であると学びました。



普段、業務に従事し段々と訪問件数が増えてくると、
丁寧に行っているつもりでも
一つひとつの評価がおざなりになってしまいます。

例えば、他の先生にご利用者様の状態を聞かれた際
思い出すのに時間がかかったり、
上手く伝わる表現ができなかったりすることがあります。
そういう意味では、まだまだ評価に対する意識が低かったのかと思います。

このような勉強会に参加することで、
新しい知識や考え方に巡り会えることはもちろん、
おざなりになってしまっている部分を思い出す良いきっかけになると感じました。
今後も定期的に勉強会に参加し、
医療に関わる方々に信頼されるセラピストを目指していきます。

----------------------------

「利用者様の生活がより豊かになるように」という気持ちから
常に学ぶ姿勢を忘れず、定期的に勉強会を行っていきます。
TOPへ戻る