本文へ移動

STAFF BLOG

ぼちぼち訪問看護 ~回想録~ その⑲ 在宅看護実習 

2018-09-28
カテゴリ:看護部門紹介,全て見る
こんにちは。看護部門・副管理者の大塚です。
訪問看護に携わって気が付けば20年余り・・。
「昔もあって、今も変わらないもの」「今までも、これからも大切にしたいもの」をぼちぼち綴ります。
 
今年度も看護学生の在宅看護実習が始まりました。
学生実習のためにご協力いただいております、利用者様・ご家族の皆様に感謝申し上げます。
今年度もどうぞよろしくお願いいたします。
 
むかしむかし、私が看護学生の頃はまだ、在宅看護実習はありませんでした。
私は、「訪問看護がやりたい!」という一心で病棟勤務を経験した後、この世界に飛び込みましたので、今の学生は、学生時代に在宅看護を学問として学び、しかも実習まで出来て羨ましい~。と思う時があります。

保健師学校では地域看護を学びましたが、少し違います。
保健師は地域全体を看る。看護師は個人を看る。
地域看護は、森・山全体を見る。在宅看護は森や山の中の木1本1本を見てメンテナンスをする。
そういうイメージでしょうか。
 
学生さんによくお話しする事は~
・私たちがご自宅に訪問している1時間だけの事実に注目するのではなく、うかがっていない残り23時間を利用者様がどんなふうに過ごされているのか
・1週間をどんなふうに過ごされているのか
・ご自身ができる事は何か、できないことは何か、誰がどうやって援助しているのか
・どんな人生や、時代背景を過ごされてきたのか
・これから先、どのような生活や人生を過ごされるのか

挙げるときりがありませんが、カルテの情報や目の前に見える事実だけでなく、見えない事へも想像力豊かに視点を広げてほしい。
そして興味をもって実習に取り組んでほしい。

それから、学生実習を受け入れてくださる、利用者さんがあってこその実習であることを忘れずにいてほしい。
在宅看護実習が終われば病院実習に戻る訳ですが、「病院に入院されている方にも皆、それぞれの家や家族や生活がある」ということを忘れずにいてほしい。

実習としては短い期間ですが、学生さんにとってインパクトのある、有意義な実習であってほしいと思っています。
 
そのうち、わが社の看護スタッフがお宅に訪問看護でお伺いした際、「以前、看護学生時代に在宅看護実習でお伺いさせていただきました、〇〇です。」とご挨拶するかもしれません。
そんな想像をすると、少し楽しくなってしまいます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【この記事に関するお問合せ】
[訪問看護・リハビリ]在宅介護のご相談は総合リハビリ研究所
TEL.047-316-0115 FAX.047-711-3158
[住 所] 〒279-0002 千葉県浦安市北栄3丁目17-3 レイグランデ1F
◇事業内容
訪問看護、リハビリテーション、居宅介護支援・相談支援、鍼灸、訪問マッサージ、就労移行支援
◇お問合せ → http://www.sogoriha.com/publics/index/5/#block9
◇連絡先 → TEL:047-316-0115 FAX:047-711-3158
 
●訪問看護サービスについて
https://ssl42.dsbsv.net/sogoriha.com/publics/index/20/
●訪問看護求人について
https://ssl42.dsbsv.net/sogoriha.com/publics/index/22/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
TOPへ戻る