本文へ移動

STAFF BLOG

「ぼちぼち訪問看護~回想録~その⑤ 答えの無い問い」

2017-12-22
カテゴリ:看護部門紹介,全て見る
総合リハビリ訪問看護ステーション
こんにちは 看護部門・副管理者の大塚です。
~私が訪問看護の世界に飛び込んで、かれこれ20年。「昔もあって、今も変わらないもの」
「今までも、これからも大切にしたいもの」そんな日々の想いを、ぼちぼちお届けいたします~
 
Sさん。
武道を趣味とされ、戦後生まれの男性らしく無口で無骨な感じの方。
がんと診断され、余命3ヵ月と医師より宣告をうけてから1年半が経ちました。
週1回、状態チェックと、自宅での入浴の介助でお伺いしていました。
浴室でも自分からはほとんどお話しされないのですが、時々、自分からお話をされます。
「どうしてこんな病気になったのだろう?」
「余命3ヵ月と言われてから1年以上も生きているのはどうしてだろう?」
「もし、あなた(私に向かって)のご主人が同じ病気になったら、どうする?」
私には答えが見つかりませんでした。
 
Sさんの奥様。
旅行が趣味でしたが、御主人の病気がわかってからは一生懸命、ご主人の介護に時間を費やされていました。
 
ある日、ご主人が席を外されたときのことです。
「夫が私に向かって、『俺が早く死んだ方がいいんだろう!』と言うんです・・・。
こんなに一生懸命やっているのに・・・。何でそんなことを言うのでしょうか」
奥様は泣きながら、私に話されます。
私は奥様の涙が止まるまで、黙って話を聞いていました。
 
訪問看護でお伺いすると、様々な質問を受けます。
 
1つに「答えてあげられる問い」です。
生活で何に気をつければよいのか、何をどのように食べればよいのか、褥瘡の手当はどうすればよいのか、
なぜ痛みがあるのか、どのように薬を飲めばよいのか、熱が出た時どうすればよいのか・・・・・・。
 
それらは、私自身の学習や研修、知識や技術を積み重ね磨くことで対応することができる問いです。
私は今まで、1つでもその引き出しを増やすことを努力してきました。
引き出しはずいぶん増えたと思います。
今なら、「あの時、もっとこんな風にしてあげられた、答えてあげられた」と思う問いがたくさんあります。
 
もう1つは「答えの無い問い」です。
「どうして私がこんな病気になったのだろう?」
「どうして私だけがつらい思いをしなくてはいけないの?」
「どうして良くならないの?」
「どうして健康に生んであげられなかったのだろう?」
「もう、終わりにしたい」
どんなに探しても、答えが見つかりません。
どんなに学んでも、力になれないことがあります。
 
答えの無い問いを向けられた時、答えが見つからない自分が、とても無力に思える時があります。
 
私にできる事。
私自身の無力さを認める事。
答えることができなくても、そばにいる事。
その問いから逃げないで、最後までかかわり続ける事。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【この記事に関するお問合せ】
[訪問看護・リハビリ]在宅介護のご相談は総合リハビリ研究所
TEL.047-316-0115 FAX.047-711-3158
[住 所] 〒279-0002 千葉県浦安市北栄3丁目17-3 レイグランデ1F
◇事業内容
訪問看護、リハビリテーション、居宅介護支援・相談支援、鍼灸、訪問マッサージ、就労移行支援
◇お問合せ → http://www.sogoriha.com/publics/index/5/#block9
◇連絡先 → TEL:047-316-0115 FAX:047-711-3158
 
●訪問看護サービスについて
https://ssl42.dsbsv.net/sogoriha.com/publics/index/20/
●訪問看護求人について
https://ssl42.dsbsv.net/sogoriha.com/publics/index/22/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
TOPへ戻る