本文へ移動

STAFF BLOG

鍼灸マッサージ部 スタッフ研修会『大腿骨頚部骨折と転子部骨折について』

2017-11-21
カテゴリ:鍼灸マッサージ部門紹介
訪問鍼灸マッサージ部門 研修会
訪問鍼灸マッサージ部門 研修会
鍼灸マッサージ師、柔道整復師の柴田です。

訪問鍼灸マッサージ部門では、11月17日(金)の
訪問業務終了後にスタッフ研修会を行いました。

今回のテーマは、高齢者に多い4大骨折のうちの1つである
『大腿骨頚部骨折と転子部骨折について』でした。

大腿骨近位部骨折は、最近の欧米での文献・分類に準じて
日本でも、次のように分類・呼称されています。
・大腿骨頚部骨折(大腿骨頚部内側骨折)
・大腿骨転子部骨折(大腿骨頚部外側骨折)

その理解も深めるためにも、
日本整形外科学会、日本骨折治療学会による
「大腿骨頚部/転子部骨折診療ガイドライン」も踏まえながら
研修を行いました。

日本における『大腿骨頚部骨折と転子部骨折』の発生数は
年々増えています。

2010年に約18万人の発生数であり、2020年には
約25万人、2030年には約30万人、2042年には
約32万人の『大腿骨頚部骨折と転子部骨折』が発生すると
推測されています。

両骨折とも、発生機転で1番多いのは『転倒』になります。

また、『転倒』しなくても、足部が固定された状態で、
股関節に強い回旋力が作用して発生する場合もあります。
(後ろを振り向とうとして、急に体をひねる動作をするなど)

そして、骨粗鬆症の状態で、弱い外力が繰り返し作用して
骨折することもあります。(疲労骨折)

『転倒』そのもの以外で、骨折の発生率を高める危険因子としては、以下のものもあります。
 
・骨密度の低下、骨粗鬆症
・大腿骨頚部が長い
・喫煙
・向精神薬
・加齢
・歩行バランス
・歩行スピード
・低体重
・多量のカフェイン摂取
・未産
・骨代謝マーカーの高値
・血清ビタミンDの低値
・非常に低い血清エストラジオール値
・血清ビタミンA濃度低値と高値
・親も大腿骨頚部/転子部骨折の既往がある
・甲状腺機能亢進症、性腺機能低下症、胃切除術の既往がある
・糖尿病の既往がある
・腎機能低下の低下がある
・膝痛がある
・視力障害がある
・転倒予防の観点から、住宅環境デザインの問題

『大腿骨頚部骨折と転子部骨折』に限らず、
あらゆる外傷において共通して言えるのですが
『受傷』=『転倒によるもの』と短絡的に考えるだけではなく、
受傷した原因やその背景となるあらゆる要因を考察して、
再発予防につなげていく必要があります。

今後も、当社での訪問鍼灸マッサージを通じて、御利用者様の
QOL、ADL、IADLの向上を図るために、スタッフ一同研鑽
を積んでいき、誠心誠意を尽くして施術させて頂きます。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【この記事に関するお問合せ】
[訪問看護・リハビリ]在宅介護のご相談は総合リハビリ研究所
TEL.047-316-0115 FAX.047-711-3158
[住 所] 〒279-0002 千葉県浦安市北栄3丁目17-3 レイグランデ1F
◇事業内容
訪問看護、リハビリテーション、居宅介護支援・相談支援、鍼灸、訪問マッサージ、就労移行支援
◇お問合せ → http://www.sogoriha.com/publics/index/5/#block9
◇連絡先 → TEL:047-316-0115 FAX:047-711-3158
 
●訪問看護サービスについて
https://ssl42.dsbsv.net/sogoriha.com/publics/index/20/
●訪問看護求人について
https://ssl42.dsbsv.net/sogoriha.com/publics/index/22/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
TOPへ戻る