本文へ移動

STAFF BLOG

栄養とST(言語聴覚士)

2017-11-01
カテゴリ:リハビリ部門紹介,全て見る
プロテイン
  こんにちは、言語聴覚士の池田です。
    
    先日船橋サテライト長の佐々木から、
    「栄養面のサポートとして言語聴覚士がリハビリに入るっていうのはどう思う?」と聞かれました。
    
    言語聴覚士に関わることだけではなく、なんでも相談、ディスカッションしあえる船サテのボス。
    今回は、これまでに私に栄養サポートチーム(NST)での経験があることを知っているからでしょう。
    
    実際に高頻度でいただくご相談が、「食べる量が少なくなってしまって…」「食べなくて痩せてしまって…」というものであることも事実です。
    言語聴覚士としての評価は、嚥下機能についてはもちろんですが、食事摂取量の低下、栄養量や栄養ルートなどにも配慮できなければいけないんだなぁ…としみじみ。また勉強し直さなければ。
    在宅であればなおさらですよね。
    
    ちなみに、特に高齢の方では、肺炎や入院中の体力低下、ご自宅でも臥床時間が長いと褥瘡ができてしまうなど、栄養不良状態が引き起こす悪影響は数多くあります。
    栄養状態が悪いと筋力も衰え、筋力が衰えると歩くのも困難になり、リハビリが進まずに……という話もよく耳にします。
    特に褥瘡対策としては、コラーゲンペプチドが有効という研究結果もあります。きちんと対象者の状態とデータを分析して、闇雲に食べろ食べろというのではなく、できる限り負担のない改善を促したいところです。
    
    船サテのボスから相談していただいた方については現在入院中で、これから退院されるとのこと。
   そうしたら私も評価に同行させていただこうかしら。
   
    そんな私は本日業務後の栄養補給にちらりプロテイン。目の前には、訪問から帰ってきたばかりの安田PTが座っている、そんな船橋サテライトからお届けしています。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【この記事に関するお問合せ】
[訪問看護・リハビリ]在宅介護のご相談は総合リハビリ研究所
TEL.047-316-0115 FAX.047-711-3158
[住 所] 〒279-0002 千葉県浦安市北栄3丁目17-3 レイグランデ1F
◇事業内容
訪問看護、リハビリテーション、居宅介護支援・相談支援、鍼灸、訪問マッサージ、就労移行支援
◇お問合せ → http://www.sogoriha.com/publics/index/5/#block9
◇連絡先 → TEL:047-316-0115 FAX:047-711-3158
 
●訪問看護サービスについて
https://ssl42.dsbsv.net/sogoriha.com/publics/index/20/
●訪問看護求人について
https://ssl42.dsbsv.net/sogoriha.com/publics/index/22/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
TOPへ戻る