本文へ移動

STAFF BLOG

寒さも日ごとに本格的になってきました

2017-10-19
カテゴリ:全て見る,地域情報
ヒートショック
総務の鈴木です!
 
10/19(木)の本日は、都心での最低気温が今季初めて10度以下で31年ぶりなんだそうです。
朝から気温が上がらず確かに寒いです。。
 
そんな中、やはり一番心配されるのがヒートショック。
急激な温度差によって体に影響を及ぼし、失神やひどい場合には心筋梗塞・脳梗塞などになります。
今日、家庭内で死亡する高齢者4分の1はヒートショック死と言うデータが上がっているほどなんだそうです。
 
では、ヒートショックの原因とは何か。。
冬場、寒い脱衣所で服を脱いで裸になり、冷え切った浴室に入ると血管がびっくりして縮み、血圧が急激に上がります。
その状態で熱いお湯に浸かれば、さらに血圧が急上昇。
しかし体が温まることで血管は広がりだし、今度は逆に血圧が下がってしまいます。
このような血圧の乱高下が心臓に大きな負担をかけてヒートショックを招いてしまいます。

【ヒートショックに注意すべき人の特徴】
ヒートショックは体の弱い高齢者に最も多く見られる症状です。
特に高齢者は、熱いお湯が好きな傾向にありますが、脱衣場と浴室の温度差は10度以上あると危険です。
もちろん心配なのは高齢者だけではありません。
糖尿病や高血圧等の成人病の持病がある人、コレステロール値が高くメタボリック症候群あるいはその予備軍の人なども、急激な血圧の変化でヒートショックになってしまう危険があります。
中高年の男性はそれらの健康状態であることが多い上、晩酌の後お風呂に入ってしまうことも珍しくありません。
そうなると、余計にリスクが上がってしまいます。
 
【お風呂でのヒートショック防止策】
①脱衣所を暖房で暖める
②湯船のフタを開けておく
③シャワーでお湯をはる
④湯温41℃以下で入浴
⑤夕食前に入浴する
⑥高齢者には一番風呂をすすめない
 
高齢者に多いヒートショックですが、誰にでも起こり得る症状でもあります。
自分のことだけではなく、みんなが無事お風呂に入れているのか気にかけることも有効な対策となります。
 
この時期、あったかいお湯に浸かるととても気持ちいいですが、ヒートショックに気を付けつつ、体の芯からあったまって楽しいバスタイムにしたいですね。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【この記事に関するお問合せ】
[訪問看護・リハビリ]在宅介護のご相談は総合リハビリ研究所
TEL.047-316-0115 FAX.047-711-3158
[住 所] 〒279-0002 千葉県浦安市北栄3丁目17-3 レイグランデ1F
◇事業内容
訪問看護、リハビリテーション、居宅介護支援・相談支援、鍼灸、訪問マッサージ、就労移行支援
◇お問合せ → http://www.sogoriha.com/publics/index/5/#block9
◇連絡先 → TEL:047-316-0115 FAX:047-711-3158
 
●訪問看護サービスについて
https://ssl42.dsbsv.net/sogoriha.com/publics/index/20/
●訪問看護求人について
https://ssl42.dsbsv.net/sogoriha.com/publics/index/22/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
TOPへ戻る