本文へ移動

STAFF BLOG

家族介護教室を開催しました!

2020-07-09
カテゴリ:地域情報
数ヶ月ぶりの開催となりました。
皆様、ご無沙汰しております。
理学療法士の河部です。

コロナの影響で地域での交流会がしばらく中止になっていましたが
先日、再開後第一回目となる「家族介護教室」に講師として参加させていただきました。
今回は「感染症対策について~身近でできることから始めよう~」のテーマで
保健師・看護師の大塚と一緒にお話させていただきましたので
ご紹介させていただきます。
 
 
家族介護教室の当日は、下記感染対策を実施した上で対応させていただきました。
【介護教室開催に伴う、実施した具体的な対策内容】
・会場は以前より大きい場所(参加人数に対して大きめの体育館を会場としました)
・会場へ入室する前に検温・手指消毒・マスク着用の徹底
・席間は一定以上の距離を保つ
・窓を2か所以上開けて常時換気
・参加者には名前、住所、直近の渡航歴等を記載してもらう(行政指示)


皆様、厳戒体制の中、集中してしっかりと研修を受けていただきました。
今回、家族介護教室を開かせて頂いた理由として、
新型コロナウイルス感染症の影響を受けて外出を控えることになった反面、
運動機能等が低下しているという例が見られたためです。

参加された方より
「外に出て感染するのが怖いから今まで、どこにも行けなかった。でも家の中でじっーとしていると、
 運動機能や認知機能が低下することがわかり、今後は正しく恐れてしっかりと対策をした上で生活していきたい」
というお言葉や
「今まで対策をしているつもりだったけど、ポイントが押さえられてなかった。
 今後はしっかりとポイントを押さえて対策していきたい」
等のお言葉をいただきました。

新型コロナウイルス感染症はこれまで通りの生活では完全に予防することができません。
三密やソーシャルディスタンスはもちろん、こまめな手洗いうがいや消毒と
今後も長期的に対策を行なっていくことが必須となります。

私達、医療従事者は新型コロナウイルス感染症以外のリスクもしっかりと考えながら、
これまで以上に生活の質を向上できるよう総合的に対応していきたいと思います。
 
総合リハビリ研究所では引き続き地域の皆様のご要望に応じて
専門職種の視点で専門的知識を生かした研修会や講演依頼にご対応させていただいております。
運動機能の向上や認知機能の低下を防ぐだけではなく、
新型コロナウイルス感染症に対する予防策、指導なども行っております。
ご興味ございましたらお気軽に当社までご連絡ください。
 
いつもより広い会場を選びました
空気の流れを作り、換気をしながら行いました
消毒、検温等もしっかりと行い取り組みました
TOPへ戻る