訪問リハビリ

「お一人おひとりの自己実現に向けて」
医師の指示に基づき、ご利用者様のご自宅に理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の国家資格を保有したセラピストが訪問し、機能訓練・歩行練習・階段昇降練習・日常動作活動練習(食事動作・更衣動作・入浴動作・トイレ動作)・発声練習・嚥下練習などを実施いたします。
また、地域とのつながりを大切にしており、互助形成のきっかけ作りとして介護予防教室を開催しております。地域の施設スタッフ様に向けては、技術伝達講習も行っています。

スタッフの心

訪問リハビリ 河部直紀
訪問リハビリ部門長 河部 直紀(PT)
心に寄り添い「自己実現」を目指す
私たちは「ご利用者様の心に寄り添ったケア」をサービス目標とし、「自己実現」に向けて全力でご支援いたします。
サービス提供をさせていただくうえで、「心身機能・身体構造」に対するアプローチに加えて「活動」「参加」に対しても積極的に関わります。

サービスの内容

「心身機能・身体構造」へのアプローチ

階段昇降
◇関節可動域練習・筋力増強練習・バランス練習・歩行練習・呼吸リハなどを行います。

「認知症・難病」へのアプローチ

認知症・精神障がい者のケア
◇内服確認やコミュニケーション、ヒアリングを通して精神的に支援します。
◇小児リハでは近隣の病院・センターやご家族と相談・連携しながら一人ひとりの成長に合わせたサービス提供ができるように支援します。
 

「小児」へのアプローチ

小児のケア
障がいのあるお子様一人ひとりに合わせて、運動療法や姿勢指導、福祉用具の選定やご家族への介助方法のアドバイスなど行います。医療機関や支援学校の先生とも密に連携を図り、お子様の生活を支援していきます。

「発声・嚥下機能」へのアプローチ

発声・嚥下訓練
脳卒中後の麻痺や頭頸部術後の器質的変化、難病や加齢による全般的な機能低下などあらゆる原因によって、同時に問題が生じてしまいます。そのため、それぞれの症状やその方のニーズに応じて、顔面、口唇、舌、喉、声帯…等の各機能に細かくアプローチし、「食べる」と「話す」を再獲得できるよう丁寧にアプローチしていきます。
 

社会参加支援

社会参加支援
地域のサロン会への参加、介護予防教室の開催、施設等への出張研修会開催、就労移行支援事業所との連携を通して自助の促し・互助のつながりを支援しています。

月間ケアマネジメント 10月号(2017年) 当社記事掲載

月刊ケアマネジメント10月号
『月刊ケアマネジメント10月号』
当社スタッフの記事が掲載されました。
訪問看護リハビリ部門 菊池隆一郎(作業療法士)の記事
有限会社 総合リハビリ研究所
〒279-0002
千葉県浦安市北栄3-17-3 レイグランデ1F
TEL.047-316-0115
FAX.047-711-3158
■訪問看護ステーション
■居宅介護支援事業
■訪問マッサージ事業